交通安全への取り組み

運輸安全マネジメントに関する取り組み

1、輸送の安全を確保するための基本方針(安全方針)

東海交通では経営理念の基、
安全第一の公共交通機関として、関係法令を遵守し、
常に安全管理体制を公表し、
住民や障害者の移動手段として地域に貢献します。

2、輸送の安全に関する重点施策

・関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守します。
・輸送の安全に関する投資を、積極的かつ効率的に実施します。
・輸送の安全のため情報を共有し、事前に是正措置を講じます。
・緊急時の連絡体制を確立し、情報の共有化を図ります。
・研修/トレーニングを計画的に実施し、緊急時に備えます。
・事故/トラブル撲滅のため、幹部社員主導で人材を育成します。
・情報開示による、信頼性の高い交通サービスを提供します。

取り組み事例

1、アルコールチェックと健康状態の把握

出勤・退勤の際には、必ずアルコールチェックを行います。
また、前日の睡眠が適切にとれているか、顔色は良いか等の健康状態の把握を、当社規程項目に沿って、毎日運行管理者が行います。

2、健康診断の実施

毎年行う健康診断(通常勤務者/年1回、深夜勤務従事者/年2回)も、社員全員が受けられる体制を整えています。
また、健康診断後のフォローも、社員ひとりひとり行うことで、健康状態の把握と、生活習慣の改善を一緒に行います。

3、プロドライバーセーフティーカード

プロドライバーセーフティーカードを全乗務員が携帯し、「無事故日数の見える化」を行い、安全意識の醸成を図っています。

また、個人ごとの運転特性や運転経歴を把握した上で、定期的な事故予測面談を行い、事故に対する注意喚起を行うことで、事故の削減と安全意識の向上を行っています。

当社独自の取り組み(プロドライバーセーフティ―カードと、事故予測面談)を継続し、PDCAを回すことで、交通事故0を目指し、今後も安心してご利用いただけるタクシーを目指します。

取り組み報告

・2018年度 ※pdfへリンク
・2019年度 ※pdfへリンク

「交通安全への取り組み」の関連ページはこちら

  • 会社概要
  • 環境活動への取り組み
  • 社会貢献への取り組み
  • 関連リンク