新着情報

タクシー乗務員インタビュー【転職1年目:新間さん】

Q.タクシードライバーとして働こうとしたきっかけは何ですか?

運転することが好きだったので、東海交通に入社する前はトラックの運搬業務をしていました。4トントラックの運搬だったのでリフトの免許を持っていないことで業務に支障が出たため、転職を決意し、求職中にタクシードライバーに興味を持ちました。

Q.実際に東海交通でドライバーとして働いてみてどうですか?

最初はタクシーメーターなどの機械操作ができるか不安でしたが、慣れれば意外と簡単で、やっていくうちに自然と覚えることができました。今までの仕事では、必ず誰かと行動しなければならなかったのですが、タクシードライバーは基本一人で行動することができるので、個人的には気持ちの面で、すごく楽だと感じています。

Q.東海交通で働く魅力を教えてください!

自分の生活スタイルに合わせて仕事をできること、そして頑張っただけ自分に返ってくる制度が整っていることです。入社当時は6時出勤だったのですが、家庭の事情もあって、なるべく早い時間に帰りたいと会社に相談させていただいたところ、5時出勤に時間を変更していただけました。時間の融通が利くので、子供の学校行事や家族の予定に合わせて働くことができています。また、「公休出勤」というお休みの日に出勤すると、当日売上の50%を翌営業日に現金で支給していただける制度があるのも魅力の一つですね。

Q.「ドライバーの仕事をやっていてよかった!」と思えることは何ですか?

私はドライバーの仕事をする上で、できる限り車から降りて、お客様の足元確認とお忘れ物確認をしているのですが、それに対して「ありがとう。ぜひまたあなたにお願いしたい」と言っていただけると、すごくやりがいを感じます。ドライバーのお仕事は基本的には一人なので、淡泊なお仕事のイメージがあるかもしれませんが、そうした気遣いひとつで直接お客様から「ありがとう」と言っていただけるので、すごくやりがいがある仕事だと感じています。

Q.一緒に働いている上司との関係性を教えてください!

私は人と関わるのがすごく苦手なのですが、気づいたら同じ班の方たちと自然と打ち解けることができていたので、そのくらい気さくな方ばかりです!違う班で、お話したことのない上司でも、わからないことを聞いたら優しく教えてくれるので、人間関係の面でもとても働きやすいです。

Q.今後の目標を教えてください!

東海交通では、色々な仕組みや評価基準があります。その中で、「空車予告」という仕組みを積極的に活用しています。その甲斐もあって、班の中で「空車予告」を活用した回数がずっと1位なんです!小さなことですが、会社から評価されていることが、数字で見えるため、やりがいにもつながっています。これからもたくさんお客様をお乗せして、「空車予告」活用回数1位でいられるよう頑張りたいと思います!

東海交通豆知識:「空車予告」とは、もうすぐお客様が降りるため、次の仕事に迎えますよと、配車センターに通知する仕組みです。これを行う事で、少しでも早くお客様の元へお迎えに行き、待ち時間を短縮させるための仕組みです。

Q.最後に将来一緒に働く仲間にメッセージをお願いします!

前向きに頑張ればすごく楽しい仕事なので、ぜひ東海交通で一緒に働きましょう!